気紛れ御朱印 独り言

   松本城と櫻

 プロフィール
出生地 : 北海道
性別  : オス
趣味  : 旅行・酒・食べる事

気紛れ独り言



2018年
11月
8日
 今日は圓教寺一乗寺などを参拝してから成相寺に向かおうと考えていたら、途中で西国1300年草創専用御朱印帳を家に忘れてきていたのを気付き慌てて約250Kを取りに帰る羽目になった。成相寺に行くに高速代をケチリ一般道で行くことにしたのだが、ナビが古く最新地図でなく旧道を走らされ新道の入口を見落としたりしていたら道脇の林直ぐ横は崖、雌鹿が飛び出し衝突するも鹿は元気に走り去る。ぶつかられた左側はほとんど損傷はなくライト・ウインカーなども異常がなく成相寺に向かったが、到着後によく見ると反対側右側の損傷が大。JAFに来てもらいチェックして貰うが走行に問題はないがこまめにチェックしながらと言われる。今回は月詣りのみで修理に出さなければ。
 
10月
18日
 久しぶりの記述で、長命寺での西国1300年月詣りで早朝から行列が出来ており(最初だけかな?)、記念御朱印と参拝記念栞を戴いて(AM7:30頃)、次に観音正寺宝厳寺正法寺(岩間寺)石山寺と参拝して帰宅すると長命寺で頂いた栞がどこを探してもなく落ち込んでしまいました。どこにもなかったが、車のダッシュボード上の物置シートの下にありました。なぜそこに置いたあったのか記憶に全くなく認知症対策をしなければと考えってしまいます。
7月
26日
 奈良春日大社に創建1250年特別御朱印と御朱印帳を頂きに参拝。
2日  革堂に行き先達のみの西国観音曼荼羅の八角御納経札と台紙を頂き、軸装納経帖と共に書いて頂く。六波羅蜜寺清水寺へと頂きに行く。八坂神社には祇園祭ということでお参りに行く。最後に六角堂に行き本日は終了として京都駅に戻り食事をして帰宅する。
6月
21日
 大覚寺の四国88所お砂踏みを最終日に伺う、誓願寺に寄り和泉式部の御朱印を頂くが五色のうちパープルは二日で無くなり残り4色を頂く事にした。
 夕食は何時もの先斗町の華楽に行き、烏丸四条のBarRainで少し飲んでホテルに帰る。
1月
18日
 それでも朝5時に目が覚め先ず風呂に入り、5:30には出発。6:25に総持寺に到着。既に10人弱先着あり。
6:30には開けてくれる。一旦ホテルに帰り休息。チェックアウト後八坂神社に向かい青龍(戊戌)・縁結び朱印を戴
く。冬の旅の常林寺へと向かい冬の旅限定御朱印帳がありそれに2種戴く。歩いて冬の旅拝観で相国寺林光院
豊光寺に伺う。更に妙覚寺・妙心寺 東海院へと向かう。
最後に大福寺に行き帰宅。
17日  生國魂神社で干支御朱印を戴き、傍の報恩院で近畿36不動5番・おおさか13佛11番を戴く。
少彦名神社でも干支御朱印は法務で置書になりました。
この日は京都からすまホテルに泊まり翌日に備えようと思っていましたが、またやらかしました。
 先ずは夕食で四季料理かわむらで軽く飲んで、BarRainで少しだけ飲むつもりで行ったが飲み過ぎてしまい記憶が
なくなった。気が付いたらホテルで寝ていた。