四天王寺の御朱印


 大阪府トップへ

 住    所 大阪市天王寺区四天王寺1−11−18
 宗    派 和宗
 山    号 荒陵山(こうりょうざん)
 寺    格 総本山
 御 本 尊 救世観世音菩薩
 開    基 聖徳太子
 別    称 金光明四天王大護国寺
 札 所 等 聖徳太子霊跡 第1番           新西国三十三箇所霊場 第1番
         近畿三十六不動尊霊場 第1番     法然上人二十五霊跡 第6番
         神仏霊場巡拝の道 第43番(大阪2番) 西国薬師四十九霊場 第16番
         摂津国八十八箇所 第25番       西国三十三箇所 番外
        おおさか十三仏霊場 第4番         四国八十八箇所霊場 番外
         摂津三十三箇所霊場 第33番      西山国師十六霊場 第16番
         河内飛鳥古寺霊場 第1番        大阪七福神めぐり 第1番
         なにわ七幸めぐり 

 日本書紀によると、推古天皇元年(593年)に聖徳太子により建立された。
 四天王寺は法隆寺と違い、度重なる災害の為古い建物はほとんどが失われている。
 現在の伽藍(鉄筋コンクリート)は昭和38年(1963年)に落慶法要が行われた。
 本坊にある五智光院・方丈などは徳川秀忠による再建で江戸時代のものが現存している。

 四天王寺HP

 オリジナル御朱印帳があります。


石鳥居 西大門(極楽門) 阿弥陀堂
五重塔 金堂 講堂
五重塔とあべのハルカス アングルを変えて 六時礼革堂
神仏霊場
新西国
平成25年6月11日
西国薬師
法然上人25霊蹟
西国33所 番外


法然上人25霊蹟 近畿36不動尊 おおさか13佛 なにわ七幸