総持寺の御朱印


 大阪府トップへ

 住    所 茨木市総持寺1-6-1
 宗    派 高野山真言宗
 山    号 補陀洛山 (ふだらくさん)
 御 本 尊 千手十一面観世音菩薩
 開    基 藤原山陰
 札 所 等 西国三十三所 第22番
         摂津国西国三十三箇所 第27番
         摂津国八十八箇所 第47番
         近畿十楽観音 第6番
         神仏霊場巡拝の道 第63番(大阪22番)

 藤原高房が太宰府赴任途中淀川で大亀が漁師に捕獲されていた処に遭遇し、観音様の縁日で亀を譲り受、川に放す。その夜我が子山陰が川に落ち、高房は観音様に祈願すると放した亀の背に山陰を乗せ現る。観音造像を発願する、その後、山陰が遺志継ぎ元慶3年(879年)に千手十一面観世音菩薩を安置し創建する。
 山陰の3回忌に子供達が伽藍を完成し寛平2年に落成法要が営まれている。

 総持寺HP


神仏霊場
西国1300年寺記念
西国1300年記念寺御詠歌 西国三十三所復刻印 近畿十楽観音 摂津国西国 摂津国八十八
西国1300年記念印 西国1300年記念印御詠歌 西国1300年両印 西国1300年両印御詠歌 西国33所観音曼荼羅
仁王像 吽形 仁王門 仁王像 阿形 大師堂
本堂 薬師堂